写真・文 千田弥栄子部員(22期)

  岩手医科大学歯学部同窓会事務局
  〒020-8505
  盛岡市中央通1丁目3-27
  TEL.019-651-5111(内)7004
  FAX.019-624-8380
  E-mail info@keiryokai.gr.jp


第45回学術研修会 
 去る11月17日に岩手県歯科医師会館8020プラザで、第45回学術研修会が開催されました。
 メインの講師は新潟県見附市で開業されている「関崎和夫先生」で、「咬合誘導~切歯交換期から始める矯正の利点と欠点」というテーマでの講演でした。「咬合誘導とは正しい永久歯列が完成するまでのすべて努力」であるとのスタンスのもと、多数の症例と文献的なデータを提示されました。乳犬歯の早期抜去がその後の歯列の不正を招く原因になること、下顎歯列の拡大処置後にはかなりの確率で後戻りすることなど、わかりやすい説明とスライドで聴衆をひきつけていました。
 ランチョンセミナーの講師は本学非常勤講師の「杉浦剛先生」で、「定期歯科受診に影響を及ぼす要因分析」という演題でした。大学の予防歯科外来における定期歯科受診者にアンケートを行い、企業がマーケティングのために行っている「データマイニング」という方法で分析した結果の発表でした。歯科医療における研究の新たな手法であり、他の分野への応用の可能性を感じさせる内容でした。
 天気にも恵まれ、多数の方々が参加されました。
 参加された皆様には心よりお礼申し上げます。
 また、学術研修部会のスタッフの皆さん、お疲れ様でした。
d0157268_15154484.jpg
 
関崎先生です
d0157268_1515589.jpg

杉浦先生です
d0157268_15161514.jpg

会場の様子です
d0157268_15163127.jpg

d0157268_15164359.jpg

スタッフです
[PR]

by imu-pg | 2013-11-19 15:20
<< 8時だよ!! 全員集合 今のホットライン肴町 -クリス... >>