写真・文 千田弥栄子部員(22期)

  岩手医科大学歯学部同窓会事務局
  〒020-8505
  盛岡市中央通1丁目3-27
  TEL.019-651-5111(内)7004
  FAX.019-624-8380
  E-mail info@keiryokai.gr.jp


<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

立春を過ぎて・・・・・今朝も大雪
2月4日の立春も過ぎて、春も近づき・・・・と思いきや今朝も大雪です。
石割桜も雪をまとい、さしずめ「雪割桜」になっていました。
与の字橋そばの「新渡戸稲造」の銅像もかなり寒そうな顔をしていました。
3月まであと数日。
雪はそろそろ勘弁ですね。
d0157268_15264658.jpg

d0157268_1529515.jpg

[PR]

by imu-pg | 2012-02-25 15:31
盛岡の味探訪 4.お茶もち
串に刺した平たい餅(もしくはそば餅)に、やや甘いくるみ醤油をからめたのが「お茶もち」です。
もともと「うちわ餅」だったのが訛った呼び名と言われています。
かつては盛岡市内では餅屋や菓子屋など売っていた店は結構あったのですが、今ではかなり少なくなりました。
何とも言えない上品な甘さが魅力の一品です。
d0157268_1314549.jpg

[PR]

by imu-pg | 2012-02-19 13:14
盛岡の味探訪 3.ひっつみ
岩手や盛岡の南部地方の郷土料理に「ひっつみ」があります。
醤油ベースの味付けで、具だくさんの汁の中に小麦粉で作った生地を引きちぎって(ひっつまんで)投げ入れる、いわゆる「すいとん」に似た料理です。
寒い今頃は心身ともに温まる家庭料理で、正月の雑煮のようにそれぞれの家で味が異なります。
ちなみにこれは「我が家」のひっつみです。
d0157268_8194376.jpg

[PR]

by imu-pg | 2012-02-19 08:20
氷点下でのぬくもり
かつての県立図書館(もりおか歴史文化館)の入り口。
氷点下の空気の中に輝く氷像がありました。
あたたかい気持ちになりました。
d0157268_23425484.jpg
d0157268_23432544.jpg

[PR]

by imu-pg | 2012-02-12 23:52
雪まつり 2012.2.12
連日の真冬日のなか、恒例の小岩井雪まつりに行ってまいりました。
空の青さが寒さを増強し、肌に痛い風が顔面を直撃です。

新幹線の雪像と今年の干支の龍の氷像。
作った皆さんの苦労に脱帽です。

こちらもおなじみの出店です。
炭焼きホルモン。
軽い塩味で、レモンを絞ってかけるとなんとさわやか。
寒さがちょうどいいソースになっていました。
d0157268_21465557.jpg
d0157268_21483814.jpg
d0157268_2149172.jpg
d0157268_21491881.jpg

[PR]

by imu-pg | 2012-02-12 21:51